なぜ?中学受験

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

最近は子供に中学受験をさせる親が増えています。
首都圏や大都市では以前から中学受験をさせる親が多くいました。
近隣に有名私立中学などが点在しているためでしょう。しかし最近は地方都市でも中学受験をさせる親が増えてきています。
有名私立中学校がないにもかかわらず多くの子供が受験を行っています。
なぜ中学受験個別指導塾をうけさせるのでしょうか。

公立の中学校へ行かせるよりも受験をして入った学校の方が生徒の学力が揃っているので、勉強が出来る環境で過ごすことが出来ると考えているのです。
私立の方がいいお友達と会える、良い家庭の子供とお友達になれる、私立の方が教育レベルが高いからと考えている人もいます。

公立では受験をすることなく誰でも入学することが出来ます。
やはり中には勉強が苦手で、授業に集中できない子供もいることは事実です。
子供に悪い影響を与えたくないと思って受験をさせることは悪いことではありません。
しかし受験に失敗をした場合、子供は公立の中学校へ行くことになります。
受験をすれば公立へ行くことはないなどと、公立の中学校を馬鹿にしたような言い方はしないように注意したいですね。
自分の子供も行くことになるかもしれないのですから。